画廊香月

ー 夏の夜の望月のように ー 池田龍雄
「月下事變の夏 2010 」によせて

gekka jihen no natsu

2010年7月31日(土) - 8月 8日(日)
ー 夏の夜の望月のように ー 池田龍雄
「月下事變の夏 2010 」によせて


ー 夏の夜の望月のように ー


美術は、その発表の場である美術館や画廊によって支えられている。中でも画廊は、作品を見せるだけではなく、市場に送り出す場としても重要だ。
ところで、香月人美さんが画廊を初めてから今年で満二十年になるという。そもそも、画廊=ギャラリーというのは、傍から見れば上品で優雅な感じもするけど、実は厳しく難しい仕事である。特に、「現代美術」を扱うとなれば、そこは即ち容易ならぬ茨の道であることを覚悟せねばなるまい。
福岡から始まって東京に至るまでの二十年のあいだ、その途上に一体どんなことがあったか、わたしは殆ど知らない。だが、目の前の爽やかな香月さんには、たとえ如何なる苦労があったにしろ、微塵もその影を見ることはできないのである。
彼女は、かつて、今は亡き大野一雄氏、慶人氏に薫陶を受けた美しい舞姫でもある。だから、たとえ茨といえども、足で踏みしだく前に、むしろそれを冠にして鮮やかに舞い踊る術を心得ていよう。茨も、天頂(頭)に飾れば必ずや光を発するものだ。
わたしは密かに期待している。願わくばそのとき香りの月は望月と成って輝き「現代美術」の、まだまだ冥いその一端を明るく照らしだしてくれんことを...。
それが、ギャラリストの使命なのだから。

池田龍雄


"~Like as a full moon in summer night~"
The messege of Ikeda Tatsuo


The arts are supported by the place for expression, such as museums and art galleries.
Especially, art galleries are important for not only exhibiting works, but also putting them on the market.
This year, it has been 20 years since Ms, Hitomi Kazuki has opened her art gallery.
It seems that works of "Garo = Gallery" is elegant and grace; nevertheless,it is actually a hard and severe to engage. Especially, if you treat "contemporary arts", you have to be prepared to walk the thorny path.Started from Fukuoka and now in Tokyo, I do not know exactly what's happened for the 20 years of its history, which first started in Fukuoka and now in Tokyo.
However, no matter how she experienced difficulties, nobody could imagine them when seeing her fresh-faced.
In addition, she was a beautiful dancer who has been influenced by Mr. Kazuo Ohno and Mr. Yoshito Ohno. When you pass the steep way like the thorn, you'd know the way which even makes the thorn a crown, dances vividly.
It must expose a light when the thorn puts on head. I expect it inwardly. I wish the moon of the fragrance is brilliant as a full moon and lights up the part of the contemporary art which isn't opened.
It is the destiny of Gallerist.

Tatsuo Ikeda