画廊香月

「稲妻捕り」香月人美 + 清水晃

2017年5月 1日(月)
「稲妻捕り」香月人美 + 清水晃
※清水晃「稲妻捕り」(1970)国立国際美術館所蔵

裏日本の暗鬱な空の下では、大雪が降ると鰤が大量に上陸(あが)るのだそうだ。
そういう事の媒介として画家の役割を考えると、半歩進むのも困難なはずだ。
シャバンヌの絵からは鰤は上陸(あが)らないだろう。
清水晃は鰤の話もして、私に深い剝奪と緊張を投げてよこした画家であった。
⎯⎯⎯⎯土方巽「稲妻捕りの画家」より
inazuma20170501_hitomi.jpg
photo by Hiroshi Sakemi

大野一雄、土方巽、高井富子の伝統的な舞踏公演「まんだら屋敷」(1968年)のために制作された清水晃の "砂利の衣装" が半世紀を経て、朗読者・香月人美によって蘇る。
"砂利の衣装" とはどのような重さなのか?
古びた布の手触りや匂いは?

一九七〇年のコラージュで自らの思想である「稲妻捕り」を表現した画家・清水晃立ち会いのもと、土方方夫人の元藤あき子によって上演された歴史的なパフォーマンスを、朗読と身振りの此岸から香月人美が新しいカタチで試みる。

第一部 香月人美 [朗読パフォーマンス] / 野村喜和夫 (友情出演)

そして、後半は、宇野邦一『土方巽 衰弱体の思想』の出版を記念して、詩人の野村喜和夫 との対談が実現。 「詩とダンスこそ芸術の中核である」というコンセプトのもと、詩とダンスを思考の軸としてきた野村が、「身体になにができるか」を思想的に問い続けてきた宇野邦一の哲学を徹底解剖。

第二部 宇野邦一 × 野村喜和夫 [対談]

inazuma20170501b.jpg

「稲妻捕り」香月人美 + 清水晃
宇野邦一『土方巽一衰弱体の思想』出版記念

2017年5月1日(月) 19:00開場 / 19:30開演
第Ⅰ部 朗読パフォーマンス(45分)香月人美 / 野村喜和夫(友情出演)
[休憩]
第Ⅱ部 対談(1時間半)宇野邦一 / 野村喜和夫
会場:両国門天ホール
料金:『土方巽 衰弱体の思想』購入者(ならびに本書籍持参者)1,500円
    当日券2,000円
後援:みすず書房


inazuma20170501_title.jpg

第一回 両国シネマ天丼 2017
日程:2017年4月29日(土・祝)〜 5月7日(日)
会場:両国門天ホール
主催:一般社団法人もんてん(両国門天ホール)
予約・お問い合わせ:両国門天ホール
電話/FAX: 03-6666-9491(電話は平日の13:00〜17:00)
メール:ticket@monten.jp
http://www.monten.jp/cineten2017
https://www.facebook.com/events/1862892180647721/